加齢臭と生活習慣

加齢臭とタバコの関係

喫煙と加齢臭には関係があることをご存知ですか?

加齢臭の原因物質として知られている「ノネナール」は皮脂が酸化される際に発生することが分かっています。
タバコの煙に含まれるニコチンは交感神経を刺激するため、喫煙により皮脂の分泌量が増加します。また、喫煙すると体内では大量の活性酸素が発生しますが、この活性酸素は、タバコの煙に含まれる一酸化炭素と共に皮脂を酸化させる働きがあります。
喫煙することで皮脂の分泌量が増え、さらに酸化が促進され「ノネナール」が大量に発生する事態に!

さらに、ニコチンは血管を収縮させ血行不良を引き起こします。血液の循環が滞ることで酸素不足となった細胞ではアンモニアが発生し、汗腺を通じて汗とともに放出されるため、喫煙することで全身から強いニオイを発してしまうということになります。

このようにタバコは加齢臭(体臭)を悪化させる原因の一つとなります。
喫煙習慣がある方は、ニオイ対策のため、そして健康のために禁煙を検討してみませんか。

お酒でニオイが強くなる⁉

お酒も加齢臭と関係が深いということはご存知でしょうか。
アルコール分解の過程で発生する「活性酸素」は加齢臭の原因物質である「ノネナール」の生成を促進することが分かっています。
また、お酒に含まれるアルコールが体内で分解されるとき「アセトアルデヒド」という物質が発生します。アセトアルデヒドにはそれ自体に強い刺激臭があり、血液に溶け込んで全身を巡り呼気や汗となって強いニオイを発生させます。アセトアルデヒドを分解する酵素の量には個人差があり、アセトアルデヒド分解酵素が少ない人は長時間ニオイやすいということになります。

お酒とニオイの関係には、肝機能も関連しています。
お酒の飲みすぎによって肝機能が低下すると、解毒能力が弱まり体内で発生した「アンモニア」が分解されにくくなります。「アンモニア」は、アセトアルデヒドと同様に血液に乗って全身をめぐる悪臭成分として注意が必要です。このアンモニアを発生源とするニオイは「疲労臭」と言われ、日頃から節酒に努め肝臓を休めるとともに、十分な休息をとって疲れを残さないようにしましょう。

PAGE TOP